年金・10万円・15万円以下の老人ホーム|人工透析もOK

ご自身の予算と条件に合った老人ホームをお探しの方へ。人工透析やパーキンソン病、経管栄養など高齢者の病気にも対応可能、リーズナブルで快適な老後施設をご紹介しております。

きらケア老人ホーム

介護休業制度1回93日間が、3回まで分割可能に 介護離職ゼロ

      2016/04/16

今、介護のために職を離れなければならない人が増えて、大きな問題となっています。

このようなケースは、親と同居していた独身男性が多いといいます。

これまでは身の回りの世話を親にしてもらい、なんの不自由もなく生活してきましたが、親が介護状態になると状況が一変してしまいます。

自分の身の回りのことに加え、親の対応もすべてやらなくてはなりません。

介護で仕事を辞める

はじめのうちは、なんとか頑張っているのですが、体力的にも時間的にも追いつめられ、仕事と介護の両立ができなくなり、会社をやめざるを得なくなってしまいます。

背景には、不足する公共の介護施設、高額な民間介護施設、自由に休みがとれない職場の環境など、いろいろな問題があります。

平成22年に「育児・介護休業法」が施行され、育児や介護のときに会社を休業できる制度ができました。

介護休業制度については、「労働者は申し出により、要介護状態にある対象家族1人につき、常時介護を必要とする状態ごとに1回の介護休業をすることができる。期間は通算して(のべ)93日まで。」

とされています。しかし、2012年、実際に利用した人を調べてみると、雇用者の3%だったそうです。

問題は、「対象家族1人につき、1回につき93日まで」というルールにあると言われています。

1回休暇申請で93日間休業できることはうれしいことですが、約3ケ月の間、長期的に会社を休めば、会社に負担がかかり、その後の職場復帰も難しくなります。

症状は日々変化し、いい時、悪い時が繰り返しやってきて、少しづつ体力が落ちていきます。

また、介護を受けるための施設探しや、ケアマネージャーとの打ち合わせ、施設に入るための段取り、病気になったときの入院手続きなど、介護を行うには、とても1回の休暇で対応できることではありません。

そのような現状を踏まえ、介護休業の申請回数を3回まで分割できるように改定するそうです。

また、介護が終わるまでの間は、申請により残業を免除する仕組みも作るとのことです。

3回分割取得、残業免除ができることはうれしいことですが、そもそも在宅介護自体に無理があると思います。

実際、在宅介護で両親を見送った人は、「自宅介護は絶対に無理・・・、もう2度とできない・・」といいます。

しかし、年金だけでは暮らしていけない、年金が足りなくて施設に入ることができない人や家族は、たくさんいます。

本人と家族に、精神的にも経済面でも大きな負担がかかる在宅介護に、はたして「幸せな老後」があるのでしょうか。

安くて快適な施設で、不安のない老後を送れる社会を一刻も早くつくって欲しいですね。

希望の老人ホームを探してくれる お急ぎの方にも対応


希望の老人ホームを探してくれるサービス お急ぎの方にも対応

老人ホームは、地域や予算など一人ではなかなか希望のホームを見つけにくいのが現状です。

特に透析や経管栄養など医療措置が必要な方や、ホームにこだわりがある方は、1人で調べてもなかなか良い施設が見つかりません。

そこで、無料で相談に乗り、ピッタリのホームを探してくれるサービスがあります。

登録時のフォーム3枚目「その他のご希望欄」に、要望を入力してください。

例:「人工透析対応の老人ホーム希望」、「トイレ付個室希望」、「保証人がいない」、「生活保護対応希望」など

人工透析対応のホームを希望

予算は、フォーム1枚目に選択する箇所があります。

希望の予算を選択

他にも要望があれば書き込んでください。どんな小さなことでも構いません。ピッタリのホームを探してくれます。

きらケア老人ホームはこちら

「きらケア」の詳細はこちらの記事でご紹介しています。

シニアの安心相談室


電話で老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい・・そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・
  • 特殊な事情がある
  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい
  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

 - 介護や施設のニュース , ,