パーキンソン病でも入れる老人ホーム・介護施設 全国一覧

   

パーキンソン病の患者さんは、全国に1000人に1人から1.5人の割合でいます。

若い方でも発症しますが、高齢者に多く発症します。60歳以上の高齢者は、100人に1人の割合で発症します。

高齢化が進む現在、パーキンソン病の患者さんも増加しています。

パーキンソン病の高齢者が増えると、パーキンソン病でも受け入れてくれる老人ホームや介護施設の需要も高まります。

まだまだ少ないのが現状ですが、医療機関の連携が可能な施設や、医療法人が運営している施設などでは、受け入れ可能としている所もあります。

ここでは、パーキンソン病でも入居できる、相談できる全国の老人ホームや介護施設をご紹介します。

ご紹介する施設の「対応している病気一覧」には、「パーキンソン病」の項目はありませんが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)に相談可能な施設になります。

そのほとんどの施設がパーキンソン病の相談にも乗ってくれますので、気になる施設が見つかったら、資料を取り寄せ、相談してみてください。

※「介護医療体制」の項目は、○:受け入れ可 ×:不可 △:要相談 となっています。

パーキンソン病相談可能な全国の老人ホーム

矢印東京都

矢印埼玉県

矢印神奈川県

矢印千葉県

矢印茨城県

矢印栃木県

矢印群馬県

矢印愛知県

矢印大阪府

矢印兵庫県

矢印京都府

有名人も多くいるパーキンソン病

パーキンソン病は、神経に異常が生じて手足に震えがでてくる病気です。

進行すると歩いたり、体の姿勢を変えるのも難しくなり、日常生活に支障をきたすようになります。

国内では、約16万人の患者さんがいるといわれて、ほとんどが40歳~50歳以降の年代で発症します。

世界ヘビー級チャンピオンだったモハメッド・アリさんも、引退後にパーキンソン病を患いました。

アリさんは、1996年のアトランタオリンピックの開会式に登場し、震える手で聖火台に点火したのを覚えています。

彼の行動は、世界中のパーキンソン病の患者さんを勇気づけましたね。

また、マイケル・J・フォックスさんや亡くなったロビン・ウイリアムズさんもそうです。

ロビン・ウイリアムズさんは、亡くなってからパーキンソン病だとわかったそうです。

パーキンソン病の代表的な症状

パーキンソン病

パーキンソン病にかかると、5つの特長的な症状がでてきます。

  1. 片側の手足が震える
  2. 歩きだすときの最初の第一歩がうまく踏みだせない
  3. 歩行の幅が狭くなる
  4. 体の柔軟性がなくなる
  5. 声が小さくなる

これらの症状に気づいたら、なるべく早く治療を始めることが大切です。

現在の医学では、完全に治すことはできませんが、早く治療することで病気の進行を遅らせることができます。

パーキンソン病の原因はカフェインの減少か?

つい先日飛び込んできた情報です。

パーキンソン病は、脳の中の神経伝達に異常が生じて起こるのですが、これまでなぜ起こるのか特定されていませんでした。

2018年1月、順天堂大のグループから「パーキンソン病と血液の中のカフェイン濃度の関係」についての研究発表がありました。

血液の中のカフェイン濃度を測ったところ、パーキンソン病の患者さんは普通の人にくらべて、3分の1程度だったそうです。

どうやら「カフェイン」にカギがありそうですね。

この研究成果がヒントとなり、パーキンソン病の治療や予防ができる時代がすぐそこに迫っているようです。

スバット記事下バナー


希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

  • 自分で探すのは面倒だ

  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
こちらは、24時間いつでも受付しています

ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら
※メールで無料相談も受けられます



 - 受け入れ態勢で選ぶ老人ホーム・老人施設 , ,