年金・10万円・15万円以下の老人ホーム|人工透析もOK

ご自身の予算と条件に合った老人ホームをお探しの方へ。人工透析やパーキンソン病、経管栄養など高齢者の病気にも対応可能、リーズナブルで快適な老後施設をご紹介しております。

きらケア老人ホーム

介護認定ランクで利用できる介護サービス金額っていくら?

   

介護保険で利用できる介護サービスの限度額は、介護認定区分により決められています。

介護ランクにより使えるお金が変わります

介護ランクが上がってくるに従い限度額が増え、要介護5になると月額36万円分の介護サービスを受けることができます。

介護保険

介護保険による自己負担金は、これまでは一律1割負担でしたが、2015年8月より一定の収入がある人は2割負担となりました。

介護負担金の増額は家計にも直結してくるので、なんとか金額を抑えて欲しいところですね。

区分支給限度額と自己負担額

平成29年6月現在の介護支給限度額と自己負担額は、以下のようになっています。

支給限度額 自己負担額
(1割)
自己負担額
(2割)
要支援1 50,030円 5,003円 10,006円
要支援2 104,730円 10,473円 20,946円
要介護1 166,920円 16,692円 33,384円
要介護2 196,160円 19,616円 39,232円
要介護3 269,310円 26,931円 53,862円
要介護4 308,060円 30,806円 61,612円
要介護5 360,650円 36,065円 72,130円

介護保険の自己負担が2割の人

2015年8月の介護保険制度改正で、以下の収入のある人は介護保険サービスの自己負担額が2割となりました。

単身世帯の場合

・利用者の年間給料所得は160万円(年金収入のみなら280万円)を超える人
(年収+年金が280万円未満なら1割負担)

2人以上の世帯

・世帯年収が346万円を超える人

介護保険の負担金が2割になると、自分での負担金額が倍になってしまい、かなり生活が苦しくなってしまいます。

そこで、その支援対策として、「高度介護サービス費制度」が設けられした。

高額介護サービス費制度

「高度介護サービス費制度」とは、介護サービスを受けて払った自己負担金が一定の金額を越えた場合、申請するとオーバー分のお金を返してくれる制度です。

個人や世帯の収入に応じて、介護保険の自己負担金の上限額が決められています。

自己負担の上限額は、生活保護を受けている人、市町村民税を課税されていない人、市町村民税を課税の課税のある人、現役並に収入のある人で、15,000円~44,400円の5段階に別れています。

介護区

ただし、上限額には、老人ホームなどの居住費や食費、差額ベッド代、生活費などを含むことはできません。

また、在宅で介護サービスを受けている場合の福祉用具の購入費や住宅改修費などについても高額介護サービス費の支給対象とはなりません。

「高度介護サービス費制度」の申請は、各市町村の担当窓口で申請します。

この制度は、あまり知られておらず利用されている人も少ないので、介護費用でお困りの方は、ぜひ各市町村の担当窓口に相談してみてください。

介護保険サービスの自己負担額の3割引き上げ

現在、介護保険サービスの自己負担額を高収入の人に対して、2018年8月から3割へ引き上げる制度改正案が検討されています。

介護情勢

検討されている案は、

●3割負担
合計所得金額220万円以上で、
「年金収入 + その他の合計所得金額」が単身世帯で340万円以上、
夫婦世帯で463万円以上の利用者。
(単身で年金収入のみの場合は、344万円以上に相当)

●2割負担
合計所得金額が160万円以上で、
「年金収入 + その他の合計所得金額」が単身世帯で280万円以上、
夫婦世帯で346万円以上の利用者。
(単身で年金収入のみの場合は、280万円以上に相当)

●1割負担
上記以外の人

※合計所得金額とは、収入から必要な控除を引いた後の金額です。

政府のすすめる在宅介護は、現実的には不可能で、私たちは施設のサービスに頼らざるを得ません。

年金の減少や介護保険限度額のアップばかりでなく、高齢者にとって優しい国になって欲しいですね。

希望の老人ホームを探してくれる お急ぎの方にも対応


希望の老人ホームを探してくれるサービス お急ぎの方にも対応

老人ホームは、地域や予算など一人ではなかなか希望のホームを見つけにくいのが現状です。

特に透析や経管栄養など医療措置が必要な方や、ホームにこだわりがある方は、1人で調べてもなかなか良い施設が見つかりません。

そこで、無料で相談に乗り、ピッタリのホームを探してくれるサービスがあります。

登録時のフォーム3枚目「その他のご希望欄」に、要望を入力してください。

例:「人工透析対応の老人ホーム希望」、「トイレ付個室希望」、「保証人がいない」、「生活保護対応希望」など

人工透析対応のホームを希望

予算は、フォーム1枚目に選択する箇所があります。

希望の予算を選択

他にも要望があれば書き込んでください。どんな小さなことでも構いません。ピッタリのホームを探してくれます。

きらケア老人ホームはこちら

「きらケア」の詳細はこちらの記事でご紹介しています。

シニアの安心相談室


電話で老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい・・そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・
  • 特殊な事情がある
  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい
  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

 - 介護保険・介護認定 , , , ,