年金・10万円・15万円以下の老人ホーム|人工透析もOK

ご自身の予算と条件に合った老人ホームをお探しの方へ。人工透析やパーキンソン病、経管栄養など高齢者の病気にも対応可能、リーズナブルで快適な老後施設をご紹介しております。

きらケア老人ホーム

自分の年金と貯金額に見合った老人ホームの金額 いくらなら大丈夫?

   

そろそろ親や自分が老人ホームを検討する時期になったとき、月額いくらまでなら払い続けられるか?

お金の足りない高齢者

月額10万円まで?月額15万円まで?月額18万円くらい?と頭の中でおおまかに計算して、本当にこの金額を死ぬまで払い続けられるのか心配に思う方、とても多いと思います。

こんなに生きるはずじゃなかった

私の母は90歳で現在、住宅型老人ホームに入居しています。

そんな母がいつも口にすることが「こんなに生きるはずじゃなかった。80歳くらいで死ぬかと思ってた。」です。

このセリフ、私の母だけではなく、90歳くらいの方から良く聞くセリフです。

そんな方たちは、まだまだ貯金ができる中高年時代に、「80歳くらいまで生きられたらそれで良し」と思っていたそうです。

その寿命に何の根拠もないのですが、それくらいで死ぬと思っているので、それくらいまで生活できるお金を用意しておけば何とかなると思っていたそうです。

たぶん、当時の女性の平均寿命が80歳くらいだったので、漠然と80歳と言う数字で人生設計をしたのだと思います。

いまさら「人生100年時代」と言われても・・・と言うところが本音ではないでしょうか。

しかし、これは怖い思い込みですね。

と言うのは、余命宣告された人以外、人は何歳まで生きるかなど誰も分からないからです。

でも、「分からない」で済ませてしまっては、老人ホームを予算を決めることはできません。

そこで、人生100年時代、80歳の女性を例にとり老人ホームの月額費用を算出してみました。

ある80歳女性の老人ホームの月額費用算出

年齢:80歳
期間:20年間(100歳まで生きると仮定する)
貯蓄額:約2,000万円
年金:約6万円
一時入居金:0円
入院などで高額医療の出費:0円

80歳までは自宅(持ち家)で生活していたと仮定します。

単純に計算すると・・・
貯蓄の2,000万円を20年間で割る⇒1年間で100万円⇒1ヶ月で8万3千円

貯蓄で賄えるのは1ヶ月83,000円となります。

そこに月額6万円の年金と足すと、使える金額は、月額143,000円と言う数字が出てきます。

この金額を元に、老人ホームを選ぶことになります。

公的な特養(特別養護老人ホーム)の場合は、介護費等が含まれますが、民間の一般的な老人ホームは入居にかかるお金(住居費、光熱費、食費など)以外に、介護にかかるお金や生活雑貨(シャンプー、洗剤、トイレットペーパーなど)は別途料金が必要になります。

また、介護度が進み、オムツなどが必要になった場合、その費用も別途かかります。

老人ホームにかかるお金の他、最終的に3万円ほどかかると仮定すると、老人ホームの月額費用は、143,000円から3万円を引いた金額、113,000円が妥当と言うことになります。

入居時は、介護度が低くそれ程の負担はありませんが、年齢が上がるに従い介護度が上がるとそれなりにお金がかかってきます。

80歳の国民年金のみの女性が100歳まで生きたとすると、貯蓄が2000万円あったとしても、月額11万円ほどのホームを選ぶのが妥当と言うことになりますね。

今回の算出は、入居一時金がかからないホームで、なおかつ、高額医療を必要とする治療を受けないと仮定しての話です。

この金額は結構ショックですね。民間で月額11万円の老人ホームを都心で探すのは現状では難しいです。この場合、都心から離れたホームを検討するしかありません。

80歳の時点で2000万円の貯金があっても、80歳から100歳まで20年間ホームに入居するのはかなりのお金がかかることが分かります。

では、私たちはどうすれば良いのでしょうか?

解決策 老人ホームにいる時間を極力短くする

解決策の1つとして、「老人ホームにいる期間を極力短くする」ことです。

80歳でも自分のことが自分でできる場合、ぎりぎりまで自宅で生活し、介護がなければ生活できなくなった段階でホームに入居します。

介護度で言うと、「要介護2」くらい、年齢でいくと、90歳に近づいてきた頃でしょうか。

ケアマネさんによると「皆さん90歳の声を聴く(90歳に近づく)と、ホームを検討し出すようです」と言います。

つまり、90歳近くまで頑張って自宅で生活すれば、100歳まで生きたとしても老人ホームにかかる費用は10年間と言うことになります。

自宅で暮らす10年間も貯金は目減りするかと思いますが、ホームに入居しているより安く抑えることができます。

長生きするのも楽じゃない

私の母が良く口にする言葉、「長生きするのも楽じゃない」。

これが現実かもしれません。

希望の老人ホームを探してくれる お急ぎの方にも対応


希望の老人ホームを探してくれるサービス お急ぎの方にも対応

老人ホームは、地域や予算など一人ではなかなか希望のホームを見つけにくいのが現状です。

特に透析や経管栄養など医療措置が必要な方や、ホームにこだわりがある方は、1人で調べてもなかなか良い施設が見つかりません。

そこで、無料で相談に乗り、ピッタリのホームを探してくれるサービスがあります。

登録時のフォーム3枚目「その他のご希望欄」に、要望を入力してください。

例:「人工透析対応の老人ホーム希望」、「トイレ付個室希望」、「保証人がいない」、「生活保護対応希望」など

人工透析対応のホームを希望

予算は、フォーム1枚目に選択する箇所があります。

希望の予算を選択

他にも要望があれば書き込んでください。どんな小さなことでも構いません。ピッタリのホームを探してくれます。

きらケア老人ホームはこちら

「きらケア」の詳細はこちらの記事でご紹介しています。

シニアの安心相談室


電話で老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい・・そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・
  • 特殊な事情がある
  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい
  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

 - 施設・ホームの選び方・探し方 , , , , ,