年金・10万円・15万円以下の老人ホーム|人工透析もOK

ご自身の予算と条件に合った老人ホームをお探しの方へ。人工透析やパーキンソン病、経管栄養など高齢者の病気にも対応可能、リーズナブルで快適な老後施設をご紹介しております。

きらケア老人ホーム

介護体験者は在宅介護をどう思うか?施設への入居を認める勇気を|みんなの本音④

      2017/06/20

実際に介護の経験があったり、介護の仕事に携わっている方は、在宅介護と老人施設やホームをどのように捉えているのでしょうか?

在宅介護 体験者

介護を一人で担うのは不可能など介護経験者や介護職に就いている方の実際の声

やはり、介護を経験している方は現実を良く理解している方が多く、その過酷さゆえにプロである施設やホームに委ねることを勧めるケースが多いようです。

経験者や介護職員の声をご紹介します。

家族は介護を必要とするひとの犠牲になってはいけない

まず、現行の介護保険制度が、現在の家族の形態に合致していないと思われます。

家族で介護をするためには、大黒柱となる働き手以外に、介護を主に担う人材が必要なのですが、現実には、健康で介護を担える主婦や主夫が居る家庭は減る一方だと感じます。

私は長く介護職に就いてきました。また、実際に家族の在宅介護の経験もあります。

私の個人的な意見ですが、家族は、介護を必要とする人の犠牲になってはならないと考えます。

そして、高齢者自身は、ある程度の元気が自分にある間であれば、介護施設に入居後の自分の生活を想像することができるのですが、その時期を逃すと、心細さが募り、介護施設への入居は尻込みする心情が生まれるようです。

気持ちは加齢により弱まりますから、当然のことかなと思います。

介護を一人が担うことは、まず、不可能だと私は考えます。

親族の数か実際には足りずに、やむなく一人で介護を担う場合には、地域の「家族介護者の会」のような、看護師の経験がある人々が話を聞いてくれる場所を複数持つことが必要です。

介護者が一人しか確保できない場合には、経済的に許されるのであれば、介護施設への入居を、誰より、介護をする人自身が、認める勇気を持つことが大切です。

自宅介護で先の見えない辛さ

私は、30代の女性です。

父は急に足を悪くして歩けなくなってしまいました。要介護4の認定を受けて、亡くなるまで私が介護をしていました。介護認定は受けましたが、車イスをレンタルしたぐらいで、施設などは利用しませんでした。

自宅で介護していて思っていたのは、先の見えない辛さでした。

私は、人と話したりするのが苦手で父のことを誰かに相談することができませんでした。

一人で抱えて、父に当たってしまったこともあります。

自宅での介護は孤独になりながら行っている人も多いと思います。誰かに話せることができていたら、父への接し方も変わっていたかもしれないと思います。

介護の負担を減らすためにも、施設などは積極的に利用した方が良いと思います。

でも、私の場合、どこにどんな施設があるのか調べるのもしんどかったです。なにもできないまま毎日が過ぎていく感じでした。

それに、施設に入れるお金も正直なかったです。もし、入れるにしても、父の年金を使って10万ぐらいが限度だったと思います。

自宅での介護でも、施設を利用するにしても、相談しやすい環境があることが大事だと思います。

本人の意見が一番尊重されるべき

祖母が一昨年亡くなりました。その時に感じた事ですが、本人の意思が1番尊重されるべきなんだなぁと思いました。

当時父は定年し、母は仕事をしていました。祖母は離れたところに住んでいましたが、転んで腰の骨を痛めてしまいました。

入院して自宅に戻りましたが、身の回りの事が少しできなくなりはじめ、認知症の症状がではじめました。

その時ぐらいから祖母の面倒を見る事になり我が家で一緒に住むことになりました。

母は仕事をやりながら祖母の面倒をみて、父も一生懸命父なりに頑張っていましたが、どんどん認知症の症状や身体の身体機能の低下が進んでいきました。

もちろん私自身もサポートしていました。この時の祖母は要介護2だったと思います。訪問介護とデイサービスも利用していました。

ここにいたるまで沢山の家族の話し合いと祖母の意思や意見を最大限に活かせるように取り組んできましたが、祖母も含め全員が疲れきっていました。

なんせ全員がはじめての経験なのでとても大変だったのです。

私が思う介護での事は、知識や経験が全くないのに祖母を預かって面倒をみるのは本当に大変な事なんだなと痛感しました。

しかしながら嬉しかった事もあり、祖母の事で家族が一致団結して一つになれた事。もちろん言い合いもしましたが、お互いの気持ちを沢山話し合えた事。

祖母の「なるべくなら家で過ごしたい」という気持ちに寄り添えた事。

祖母がいる事によって皆で「なんとかしないと」という気持ちになりました。

私の意見としましては、家族でみれそうならなるべく見る方かよいなと思いました。

もちろんケアマネさんと相談して訪問介護やデイサービス等、沢山のサービスを利用しながら段階的に本人の納得のいくように進めていくのが良いなと思います。

沢山相談して、話し合って、施設に頼ったり頼らなかったりで、介護期間は過ごせました。本人が納得できている姿をみると、こちらも嬉しいし気持ちよく一緒にいる事ができました。

個人的には周りのサポートを受けながら介護する事は自宅でも可能であり、本人の意思をなるべく尊重する事も結構な頻度で可能なんだということを知りました。

30代男性 入居するとしたら12万円ほど

maee0tugie0

希望の老人ホームを探してくれる お急ぎの方にも対応


希望の老人ホームを探してくれるサービス お急ぎの方にも対応

老人ホームは、地域や予算など一人ではなかなか希望のホームを見つけにくいのが現状です。

特に透析や経管栄養など医療措置が必要な方や、ホームにこだわりがある方は、1人で調べてもなかなか良い施設が見つかりません。

そこで、無料で相談に乗り、ピッタリのホームを探してくれるサービスがあります。

登録時のフォーム3枚目「その他のご希望欄」に、要望を入力してください。

例:「人工透析対応の老人ホーム希望」、「トイレ付個室希望」、「保証人がいない」など

人工透析対応のホームを希望

予算は、フォーム1枚目に選択する箇所があります。

希望の予算を選択

他にも要望があれば書き込んでください。どんな小さなことでも構いません。ピッタリのホームを探してくれます。

きらケア老人ホームはこちら

「きらケア」の詳細はこちらの記事でご紹介しています。

シニアの安心相談室


電話で老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい・・そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・
  • 特殊な事情がある
  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい
  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

 - みんなの本音|自宅介護と老人施設 ,