胃瘻(胃ろう)対応可能な全国老人ホーム・施設一覧

      2017/02/18

老人ホームの受け入れ態勢は確認しておきたい事項の1つです。

その中に「胃瘻(いろう)」があります。

胃ろう対応受け入れ老人ホーム

胃ろうとは、食べ物を飲み込めなくなった方に、栄養を摂る方法としてお腹に外から胃と直接つなぐ穴を開け、チューブ(胃ろうカテーテル) を通して栄養剤を注入する方法です。

「胃ろう」をしている方の受け入れは、専門的な知識と医療機関との協力体制が不可欠です。

栄養剤の投与や胃ろう部分のケア、数ヶ月ごとのカテーテルの交換、たん吸引などが必要になった時の緊急対応、さらに認知症の方が管を抜いてしまった時の対応など、医療機関と連携し介護を行います。

医療施設での定期的なケアや、24時間の看護体制など、胃ろう患者さんの受け入れるための体制を備えた施設をまとめました。

矢印胃ろうの方が入居可能な老人ホーム介護施設

上記のサイトにアクセスし、詳しい資料やパンフレットを取り寄せて見てください。

都道府県を絞り込む

ご希望の都道府県をクリックすると、そのエリアでの胃ろう対応可能な老人ホームが表示されます。

胃ろうについて

胃いろうは食べられくなった方の生命をつなく手段の1つです。数日なら栄養補給の点滴などで済ませることができますが、長期に渡る場合は、胃ろうが必要になります。

ただし、高齢者の場合は、延命処置の一環でもありますので、拒否することも可能です。

「人間は食べられなくなったら終わり」と言う考え方の方や、「無理して長生きしたくない」と思っている方は、「延命療法はしない」と言う意思表示をしている人が多いです。

また、逆に「命ある限りできるだけのことをして生きたい」、「生かせたい」と思っている方もいます。

しかし、本人の意思に関わらず、胃ろうで無理やり生かされているケースもゼロではなく、社会問題になることがあります。

高齢で食べられなくなったとき、胃ろうをするかしないかは、本人や家族の意見を尊重し守られなくてはいけません。

そこで、ホームに入所するとき「確認事項」として延命療法をするかしないかを求められた時、答えられるように家族と良く話し合い、自分の意思を伝えておくことが大切です。

矢印胃ろうの方が入居可能な老人ホーム介護施設

スバット記事下バナー



希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

  • 自分で探すのは面倒だ

  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
こちらは、24時間いつでも受付しています

ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら
※メールで無料相談も受けられます

 - 受け入れ態勢で選ぶ老人ホーム・老人施設 , , ,