元気で自立している方の月額15万円位の【サ高住】老人ホームの雰囲気はイヤ

   

60代後半から70代・80代前半でまだ十分に自立できるけど、一人暮らしが少し不安になっている方。

手厚い介護は、自分の介護度が上がり生活が不自由になってからで十分と思っている方。

1人で生活できるけど、病気や突然のアクシデントに見舞われた時のすばやい対応を希望する方。(孤独死だけは避けたい)

このような方は、「サービス付高齢者向け住宅(サ高住)」が向いています。

介護付有料老人ホームは介護度の高い高齢者が多く、自立者が一緒に居ると気が滅入ってしまうと言う声の聞かれます。

その点「サ高住」には自立者が多く、利用料金でセレクトされた同じような生活レベルの方がいるため、元気に生活できると言われています。

しかし、サ高住には、サ高住なりのメリットとデメリットがあります。

サ高住のメリットとデメリット

最近、サ高住でありながらデイサービスが併設されていたり、連携して介護サービスが受けられるホームが増えてきました。

しかし、高齢者住居としての機能だけしかないため、介護が必要になったら退去しなければいけない施設もあります。

サ高住への入居を検討するときには、入居条件がどのようなっているかを、しっかり確認する必要があります。

そこで最期を迎えたい人は「看取り」まで対応しているかどうかなど、契約の段階で確認することが大切です。

サ高住のメリット

  • 緊急事態に対応可能
  • 個室である(賃貸マンションと同じ感覚)
  • 生活の自由度が高い
  • 自分のペースで生活できる
  • プライバシーが保てる
  • 元気な高齢者が多い
  • コミュニティーもあり寂しくない
  • 食事提供の有無を選べる施設が多い
  • 同じような生活レベルの人が集まる

サ高住のデメリット

  • 介護が必要になったら退去しなければならない施設がある
  • 介護が必要になった時、提携先のデイサービスまで車での移動がある(併設している場合は無し)
  • 病気への対応が薄い施設がある
  • 看護師が24時間常駐していない施設がある
  • 価格が驚くほど高い施設がある

サ高住のデメリットの1つに価格を上げましたが、サ高住の金額はピンキリで、「一時入居金」が数十万円から数千万円、「月額」が10万円台から数百万円までとかなりの幅があります。

つまり、リーズナブルなものから超高級な施設まであるのがサ高住の特長なのです。

このような「サ高住」ですが、ここでは比較的リーズナブルの金額で、ホームがキレイで設備が良く、サービスも良い15万円前後のものをピックアップしてご紹介します。

利用料金が15万円前後の場合、個室に浴室が付いていない場合が多いのですが、「共同浴室(共同浴場)はイヤ」と言う方のために探してみました。

サ高住を見学してきました

先日、これならおススメできると言う「サ高住」を見学してきました。サ高住を検討されている方は、参考にしてみてください。

入居を希望し見学した方は、
・自立
・現在一人暮らし
・自炊できる
・介護認定なし
・78歳
・男性
です。

男性はまだまだ元気ですが、時々健康面で不安になることがあり、自宅を処分してサ高住住まいを検討しています。

内  容
予算 基本月額10万円から15万円
一時住居金(入居費用)20万円前後
場所 埼玉県さいたま市中心
希望 ・個室、風呂トイレ付
(トイレとお風呂は別)
・個室の広さ:18㎡以上希望
・賃貸マンションと同じ感覚で住める
・電化製品(冷蔵庫・洗濯機が置ける)
・食事の提供を選べる
・見守りサービスがある(職員・セコムなど)
・希望すれば看取ってくれる
・デイサービスや病院との連携がある
・家族が宿泊できる(出入り自由)

上記の条件に合った「サ高住」を老人ホーム検索サイトで探し、パンフレットを取り寄せ、大まかなことを把握した上で見学しました。

見学時に後から思い出すことができるよう、主要な場所の写真を撮りました。

玄関

玄関

十分な大きさの下駄箱と座って靴の脱ぎ履きができる縁台があって至れり尽くせり。

バリアフリーなので居室に上がるときの負担は一切ありません。

居室

居室

居室の写真を取り忘れたので、パンフレットよりお借りしました。

部屋の形態は見学した部屋と少し違いますが、十分な広さを感じました。

キッチン

キッチン

IHの2口コンロ付き。一人暮らしなら十分なキッチンです。キッチンの横に冷蔵庫や食器棚を置けるスペースがあります。

お風呂

お風呂

お風呂シャワー

お風呂はビックリするくらいの広さを確保。浴槽も大きく、ゆったりと入浴することができます。

車いすでも入浴可能なスペースです。(自動入浴機能はありません)シャワーなどもステキでした。

トイレ

トイレ

トイレと洗面所と洗濯機置き場は同じスペースにあり、十分な広さがあります。トイレの横に洗濯機を置く場所が確保されています。

洗面所

洗面所

洗面所とトイレのスペースは、車いすでも使用できるように十分なスペースが確保されています。

収納

収納

一間幅の押し入れがあり、布団の他、衣類やその他普段使用しない物などを収納できます。

モニター付きインターフォン・見守り

呼び出し

人が訪ねてきたり、スタッフの訪問時などに対応するモニター付きインターフォンと、緊急時のセコムです。

1日2回スタッフの見回りがありますが、体調を崩して声を出せない時などは、ペンダントを押すだけで15分以内にセコムが駆けつけます。

見守りペンダント

血圧が高い、心疾患があるなど持病があり、倒れる心配のある方は、ペンダントを身に着けていると安心ですね。

また、高齢者は転倒しやすく骨折の危険がありますので、このようなシステムはとても心強いですね。

スタッフやセコムが駆けつけ時、部屋の中から反応がなければ、マスターキーを使って部屋に入り救急対応してくれます。

居室はキレイでセンスよく、使いやすいようにまとまっており、まさしく至れり尽くせりのお部屋という感じでした。

食事

食事は自炊もできますが、作ることが面倒な方は、ホームが用意する食事があります。昼食夕食ともに1食700円です。

ちょうど、夕食の準備をしている時間だったので、配膳の様子を撮らせてもらいました。

食事

献立は毎日変わり、1週間分の献立表が用意されています。食事の申込は1日前から。前日に申し込めば次の日から提供されます。

食事献立
※この献立の写真は見学したサ高住のホームページからお借りしました。

食事は共有スペースで食べても、居室で食べてもどちらでもOKです。居室で食べる場合は、スタッフがお部屋まで届けてくれます。

朝食はないため、簡単なご飯やパンなどをご自分で用意すると良いと思います。

食事は、1週間分などまとめての申し込みのほか、単品での申し込みも可能です。

また、ホームの食事以外、他社の宅配サービスも利用することもできます。食事の選択肢は多いです。

買い物

買い物は、週2回送迎による買い物が可能ですが、元気な人は自分で買い物に出かけます。行動は自由です。規制はありません。

面談

居室の簡単な説明の後、料金や契約の内容を説明してくれました。

面談

賃料と共益費は、居室の広さと部屋の条件などで違ってきますが、どの部屋も内容はあまり変わりませんでした。

内  容
賃料 58,000円から78,500円
共益費 14,800円から15,200円
基礎サービス 一律1人33,600円
夫婦の場合は67,200円
月額費用 106,400円から127,300円

このようにみると、どの部屋を契約しても予算の10万円から15万円に収まります。

後は、敷金や仲介手数料、火災保険など入居時に必要なお金です。

内  容
敷金 116,000円から157,000円
仲介手数料 62,640円から84,780円
火災保険 一律5,000円
入居費用 183,640円から246,780円

入居時に必要なお金は、火災保険(一律5,000円)以外は、入居時に一度払うと後は必要ありません。(※火災保険料5,000円は毎年の更新になります。)

入居費用は、183,640円から246,780円と男性の希望金額20万円前後でした。

保証人

保証人ですが、基本は2名用意します。

保証人の条件は、一般的な収入や財産がある人であれば、年金受給者は不可など特に縛りはありません。

また、保証人を2名用意できない人には、1名分の保証人を保証協会が代替してくれます。

保証協会の費用は、月額費用の65%。例えば、月額費用が10万円なら65%の65,000円になります。この金額は、契約時に一度支払うだけでOKです。

居室の環境も金額もその他付随する色々なサービスも気に入ったとのことで、男性はこのホームに入居したいと言っていました。

リーズナブルでキレイなサ高住を探してみる

サ高住の価格は、本当にピンキリです。しかし、探してみると月額15万円以下でも希望するサ高住は見つかります。

矢印サ高住を探がしてみる

サ高住を希望する方は、上記サイトにアクセスし、希望の都道府県と入居時下限を0円から50万円以下、月額下限を15万円以下あるいは20万円以下を選び「検索ボタン」をクリック、スマホの方は条件を入れた後「サービス付き高齢者向け住宅」にチェックを入れ検索すると候補が現れます。

表示された上記2件は、広告(PR)のホームになりますので、3件目からが検索の結果になります。

スバット記事下バナー


希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

  • 自分で探すのは面倒だ

  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
こちらは、24時間いつでも受付しています

ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら
※メールで無料相談も受けられます



 - サービス付き高齢者向け住宅 , , , , ,