施設やホームへの入居 積極派と消極派 人は死ぬ時は一人なのだと覚悟|みんなの本音⑧

      2017/06/20

老後は施設やホーム一択、「積極的に入居したい派」と、本当は自宅で過ごさせたい、過ごしたいけどやっぱり自宅介護は無理なので施設やホームへ行く「消極的入居派」と意見が分かれます。

介護施設

「積極的に入居したい派」と「消極的入居派」

どちらの方でも、自分の考え方をしっかりと持ち、信じた道を突き進む。それでも後悔があるかもしれませんが、その時はその選択肢がベストであったと信じて天寿を全うしたいですね。

ここでは、積極派と消極派の意見をご紹介します。

施設に入ることを寂しいとも、悲しいとも感じていません

私自身は自宅介護をまったく希望していません。

施設に入ることを寂しいとも、悲しいとも感じていません。

それは子供にも伝えてあります。

確かに皆さん、そうは言っていても、いざその時になると抵抗する方が多いと思います。でもそれは高齢になっての認知の問題や病気によって精神状態が落ち込み、そうなってしまうのでは?と思うのです。

みんな子供や家族に迷惑をかけたくないと考えているはずです。ですから今の正常な精神状態の言葉が本心なんだと子供に伝えています。

もし私自身が施設入所に抵抗したら、それは病気がそうさせているのだから、気にしなくて良いと常々言ってます。

とはいっても経済状態で中々難しいかもしれません。その時は福祉制度をフルに利用して、負担にならないようにしたいです。

人は死ぬときは一人なのだと私自身は覚悟しています。

50代女性・施設入所の月額予算10万円

できるかぎり自宅で見てあげたいけど・・

私は両親と同居していますが、両親は70代なので介護については身近な問題です。

やはり両親の介護はできる限り自宅で見てあげたいとは思っています。

そうはいっても両親の内片方のみであればまだ自宅介護が可能ですが、両方ともに介護が必要な状態、しかも認知症になってしまうと現実的に考えて自宅介護が難しいのが正直なところです。

認知症の自宅介護になってしまうと、会社を辞めると生活が成り立たなくなってしまうためその場合は老人ホームに入れるしかありません。

ただ、経済的な問題で有料老人ホームは最低でも月15万円以上はかかると思うので、可能なら特別養護老人ホームに入れたいと考えています。

特別養護老人ホームのデメリットは空きがなければ長いこと待たなければならない可能性がある事と、やはり有料老人ホームより当たり前ですが格段に部屋等サービスの質が下がります。

なので、両親の事を思うなら頑張って自宅介護をし、私自身の心と身体がどうしても頑張り切れなくなった時に老人ホームに入居させる事を考えます。

40代女性 施設の月額予算10万円まで

自宅介護することでお互いのQOL(生活の質)が下がる?

できることなら自宅介護をしてあげたいですが、現実に考えて自宅介護は厳しいと思います。

自宅では、入浴やトイレなど介護に適した設備はありません。

また、複数の家族が協力し合って介護できる環境にあるならば自宅介護も可能かもしれませんが、そうではなく1人に全負担がかかってしまうようでは無理です。

かえって介護することでお互いのQOL(生活の質)の低下に繋がりかねません。それよりは、プロのスタッフがいる老人ホームや介護施設を利用するほうが懸命です。

しかし、ニュース等で介護現場での虐待報道を目にすると不安はあります。介護現場の待遇改善がなされ、このような懸念がなくならないと安心して預けられません。

費用の面でも負担は大きいです。介護保険が適応されたとしても月額10~15万円は必要とのこと。その上、低価格の公共施設は何年も待たなければならない状況。

それでも、経済的な不安は乗り越えられますが、精神的、肉体的に追い込まれると取り返しが付かなくなりそうです。そうならないためにも、老人ホームや介護施設を利用したいです。

40代女性 施設の月額予算10万円まで

親も自分も自学介護は一切希望しません!

40代女性、入居するなら月の予算は15万円くらいまでです。

親の場合でも自分自身の場合でも、自宅介護は一切希望しません。

もし介護が必要になったら、老人ホームや介護施設を利用したいです。

やはり介護と言うのは相当な覚悟が必要だと思うし、決して甘いものではないと思います。

親子ともにつらい思いをして関係が悪くなるより、きちんとプロの手を借りたほうが絶対にお互い楽だと思います。

特に私が歳をとってからでも、子供の手をわずらわせたいとは思いませんね。

子供には子供の家族があるでしょうし、無理に介護をさせることで負担をかけたくありません。

それにやはりプロに介護してもらったほうが単純に私も生活しやすいはずです。

もう自宅介護じゃないといけないとか、老人ホームに入れたらかわいそうなんていう時代ではないと思います。むしろ老人ホームのほうが友達もできたり、ボケが進みにくいような気がします!

色々な意見の中60代男性が「自宅介護が無理」と思うわけ

色々な意見の中、今以上に自宅介護は無理という結論に至る理由を述べてくれた60代男性の意見です。

軽費老人ホームなどの絶対数が足りない

核家族化が進んで、現在では、日本の世帯数の60%超が夫婦だけや夫婦と未婚の子供だけなどの核家族となっている。

これからもこの趨勢が上昇傾向で推移していくことを考えると、今以上に自宅介護は無理という結論に至らざるを得ない。

このように自宅で自身を介護してくれる人自体が少なくなっていく状況下では、老人ホームや介護施設の利用については、現政府が政策として推進していくべき国内の最重要課題であると考える。

そして、「軽費老人ホーム」などが出来てきてはいるものの、予算の関係から自治体の建設ペースが遅すぎて絶対数が足りないのが実情である。

介護施設についても、介護保険法の再三の法改正(法改悪)で要介護1以上でなければ施設利用できないのが実情である。

これらを解決するには、自身の年金の範囲内での受益者負担(自己負担)ができる仕組みと社会全体で高齢者を支える仕組みを早急に構築する必要があると考える。

さらに、これらのための財源捻出には消費税の引き上げ止む無しとも思料する。

60代男性 施設の月額予算14万円まで

maee0tugie0

スバット記事下バナー



希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

  • 自分で探すのは面倒だ

  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
こちらは、24時間いつでも受付しています

ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら
※メールで無料相談も受けられます

 - みんなの本音|自宅介護と老人施設 ,