たん吸引 受け入れ対応可能な老人ホーム・介護施設

      2017/02/18

たん吸引は時と場所を選ず、タンが詰まると命に関わることになるため、これまでは医療機関でしか行えませんでした。

たん吸引受け入れ老人ホーム

しかし、平成24年に「喀痰吸引等制度(かくたんきゅういんせいど)」ができ、介護福祉士や研修を終了した介護職員ができるようになったため受け入れる施設が増えています。

同じく、自宅介護をしている場合、家族がたん吸引をするケースも増えています。

しかし、たん吸引は24時間体制での世話が必要になり、一人で介護をしている場合、寝ることさえ難しくなります。

この状況が数か月続くと、介護者が値を上げてしまったり、睡眠不足から体調を崩したり、ウツになるケースもあります。

限界を感じたら、専門の老人ホームや老人施設のお世話になる選択肢もありますので、介護者が体を壊してしまう前に検討してみてください。

タン吸引可能なホームや施設を選ぶ場合、医療機関と連携し、万が一の時にもスムーズに対応できる体制を備えた施設を選ぶことが大切です。

矢印たん吸引(痰吸引)の方が入居可能な老人ホーム介護施設

上記のサイトにアクセスし、詳しい資料やパンフレットを取り寄せて見てください。

都道府県を絞り込む

ご希望の都道府県をクリックすると、そのエリアでの「たん吸引 受け入れ対応可能」な老人ホームが表示されます。

たん吸引について

家族がたん吸引を行う場合、研修などを受けてやり方をマスターしてからの実践となります。

たん吸引には、吸引器、吸引用カテーテル、手袋、マスク、水の入った万能壺、アルコール綿、ガーグルベースン(口腔内吸引時使用)、ビニール袋、聴診器、パルスオキシメーターなどが必要になります。

私のうちの経験談ですが、父が在宅介護で亡くなりました。最期に近づくと自分の力でタンを排出できなくなり、たん吸引が必要になりました。

母が介護のほとんどをしていましたが、さすがにたん吸引は苦手の様でした。研修などでやり方をマスターし、完全な消毒などをした後、父の喉に管を入れるのですが、父が「おえっ」とするので、なかなかうまく奥に入らないようでした。

怖がらないで躊躇しないでやるのがポイントの様です。これも慣れだと思うのですが、一番大変なのが、たえずタンが絡み苦しそうな父にために24時間体制で臨まなくてはいけなかったことです。

タンが絡むのは昼も夜もなく、タンを取り除かないと窒息死の可能性があります。

寝たきり介護が長く、介護する人が疲弊している場合、たん吸引が負担になるケースが多く、限界が来る前に老人ホームや施設のお世話になるのも選択肢の1つです。

矢印たん吸引(痰吸引)の方が入居可能な老人ホーム介護施設

スバット記事下バナー



希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

  • 自分で探すのは面倒だ

  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
こちらは、24時間いつでも受付しています

ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら
※メールで無料相談も受けられます

 - 受け入れ態勢で選ぶ老人ホーム・老人施設 , , , ,