糖尿病のインスリン注射対応・受け入れ可能な老人ホーム

      2017/02/18

糖尿病が悪化するとインスリン投与が必要になる方がいます。

インスリンは、注射による投与が一般的で自分で注射を打つことになります。

インスリン注射受け入れ老人ホーム

最近のインスリン注射は、万年筆とほぼ同じ大きさでどこにでも持っていくことが可能です。針も糸のように細いのであまり痛くなりません。

注射する場所はお腹がおおいですが、太ももや腕に打つこともできます。

しかし、高齢になったり、体の自由がきかなかったり、認知症などにより自分で注射ができない方がいます。

そのような方は、医師か看護師による対応が必要となるため、医療機関と連携したり、看護師がいる施設を探す必要があります。

食事療法や運動療法など、糖尿病を悪化させないための本格的な体制を整えている施設などもあります。

矢印インスリン注射の方が入居可能な老人ホーム介護施設

上記のサイトにアクセスし、詳しい資料やパンフレットを取り寄せて見てください。

都道府県を絞り込む

ご希望の都道府県をクリックすると、そのエリアでの糖尿病のインスリン注射対応・受け入れ可能な老人ホームが表示されます。

高齢者のインスリン投与・注射について

インスリン投与が必要な方は、1型糖尿病の人、糖尿病昏睡や重症感染症の人などです。

注射は、患者さんの状態で注射回数やインスリンの量、インスリンの種類が決まります。

速効型インスリンは毎食前3回、混合型や中間型インスリンは朝夕2回注射、速攻型インスリンは毎食前と就寝前の合計4回など様々です。

投薬や注射など自己管理が必要な病気の高齢者は、自分で管理ができなくなると命にかかわります。医師の指示に従うことができない場合、インスリン注射対応の施設が向いています。

矢印インスリン注射の方が入居可能な老人ホーム介護施設

スバット記事下バナー


希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

  • 自分で探すのは面倒だ

  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
こちらは、24時間いつでも受付しています

ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら
※メールで無料相談も受けられます



 - 受け入れ態勢で選ぶ老人ホーム・老人施設 , , , ,