ALS・筋萎縮性側索硬化症に対応できる老人ホーム

      2017/02/17

難病指定である「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は、手足、のど、呼吸など全身の筋肉が徐々に萎縮していく病気です。

als受け入れ老人ホーム

筋力の低下にともない、胃ろう、たん吸引、人工呼吸器などが必要となるため、医療機関との連携に加え、24時間の看護体制が必要となります。

医療法人が経営している有料老人ホームや、24時間看護職員が常駐、診療所が隣接している施設などが受け入れています。

「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」で老人ホームや施設をご検討の方は、全国にありますので、資料を取り寄せて検討してみてください。

ALS・筋萎縮性側索硬化症に対応できる老人ホーム・老人施設

矢印東京都

矢印埼玉県

矢印神奈川県

矢印千葉県

矢印茨城県

矢印栃木県

矢印群馬県

矢印愛知県

矢印大阪府

矢印兵庫県

矢印京都府

筋萎縮性側索硬化症(ALS)について

徐々に身体の力が無くなり筋肉を動かすことができなくなるのが筋萎縮性側索硬化症(ALS)と言う難病です。女性より男性の方が多いのが特徴です。

有名人も多く発症しており、企業家や重要なポストについている男性も多くいます。

世界的有名人では、ブラックホールの研究でおなじみのホーキング博士、中国では毛沢東、日本では川島雄三さん(映画監督)などがいます。

ALSと似た疾病には、ギランバレー症候群やパーキンソン病などがありますが、筋萎縮性側索硬化症は、身体を動かすための神経系(運動ニューロン)が壊れていってしまうため、脳から神経の命令が伝わらず、筋肉がだんだんと縮み、力が入らなくなってしまう疾病です。

重症になると、自発呼吸もできなくなるので、24時間体制での看護が必要になります。

ALSの患者さんが高齢化し、介護している人が何らかの原因で介護ができなくなったり、介護される環境がなくなると1人では生命を維持することも困難になります。

そのような場合は、ALSの患者さんを受け入れ対応可能な老人ホームがあります。

スバット記事下バナー



希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

  • 自分で探すのは面倒だ

  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
こちらは、24時間いつでも受付しています

ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら
※メールで無料相談も受けられます

 - 受け入れ態勢で選ぶ老人ホーム・老人施設 , , , ,