老人ホームは個室が良いか2人以上の相部屋が良いか

      2017/02/18

老人ホームの検討を始めると、まずは個室が良いか相部屋が良いか選ぶことになります。

個室を希望するケースと相部屋を希望するケースをご紹介します。

ケースは、都市部で一時入居金が0円から10万円程度のホームと仮定します。(※高級老人ホームのケースは別途ご紹介します)

老人ホームは個室が良い

個室がある老人ホーム
※画像はイメージです

まず、都市部で民間の老人ホームの場合、個室を選ぶと月額10万円以下の老人ホームは数がかなり少なくなり、探すのが困難になります。

ほとんどが食事を入れて12万円位からが相場で、トイレ付個室となると広さにもよりますが15万円ほどで希望が叶いそうです。

個室を選ぶ理由

  • プライバシーを守りたい
  • 排泄時、相手に遠慮したくない
  • 排泄時、相手のニオイを嗅ぎたくない
  • 特に体調が悪い時(病気のとき)、一人になりたい
  • 相手の方とのおしゃべりが苦手
  • 面会時、相手に遠慮したくない
  • 面会時、相手のお客様に遠慮したくない
  • 自分の自由に過ごしたい
  • 身内が同じ部屋に泊まることができる
  • 面会に関しては、談話室などを設け、相部屋の場合、部屋での談話をなるべくしないよう配慮しているホームが多くなっています。

    私の母の場合、個室を希望していますが、その理由の1つに身内がいつでも泊まれると言うことが大きいようです。また、宿泊する身内のために食事(申し込み制)も一緒に食べられるのも大きな評価点の様です。

    大部屋で入院経験をしたことがある人なら分かるように、排泄したときに部屋に臭いがこもるなど不快に感じることがないのも個室のメリットです。

    寂しくなったら、デイサービスのレクレーションに参加したり、談話室で仲間とおしゃべりをすれば、たえず孤独と言うのは避けられます。

    老人ホームの談話室

    矢印個室のある老人ホームを探してみる

    全国の「個室あり」の老人ホームが表示されますので、検索項目の希望の都道府県や予算を入力するとより希望するホームが表示されます。

    老人ホームは相部屋が良い

    相部屋
    ※画像はイメージです

    相部屋を選ぶメリットは、とにかく寂しくないことと、個室より価格が安くなるところですね。いつもいつも人の気配を感じたい方は相部屋が向いています。

    相部屋を希望

  • おしゃべりをする相手が欲しい
  • ベッドで動けなくなったとき、人の気配がないと心配
  • お互い助け合って暮らせる
  • 人と接しない生活はイヤ
  • 価格が安い
  • 相部屋も、2人部屋や3人部屋などタイプがありますが、気の合う者どうしが暮らせば生活が楽しくなります。1日中おしゃべりをして楽しく過ごすことも可能です。

    また、人の気配があるので、何かあったときに安心もできます。

    特に体が不自由になり、デイサービスで行っているレクレーションに参加できなくなって部屋に閉じこもるようになったとき、人がいるのはありがたいですね。

    しかし、老人ホームの場合、出入りも頻繁にあるため、いつでも気の合う人と同室になれないこともあります。

    気の合わない人と同室になった場合、余裕があれば部屋の変更も可能ですが、満室の場合、なかなかすぐに希望に沿えないこともあります。

    このように、個室と相部屋にはメリットとデメリットがあります。

    ホームを探す時、自分の性格や予算などを良く考えて個室か相部屋か決めると良いですね。

    スバット記事下バナー



    希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

    • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

    • 自分で探すのは面倒だ

    • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

    • 病気があるけど受け入れてくれるの?
    そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

    手っ取り早く電話で無料相談

    0120-523-982
    平日 9:00~20:00
    土日祝 9:00~18:00

    電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

    自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
    こちらは、24時間いつでも受付しています

    ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
    矢印簡単資料請求 詳細はこちら
    ※メールで無料相談も受けられます

     - 施設・ホームの選び方