老人ホーム選びで注意すること|運営会社や経営母体はなぜ重要か

   

近年、住宅型有料老人ホームやサービス付高齢者住宅、グループホームなどの数がどんどん増えています。

それに伴い、良い施設にリーズナブルな価格で入れるようになってきたと感じています。

一昔前なら、30万円ほどしたような条件のホームが、今では10万円台で入れます。

明るい老人ホーム

老人ホームと言えば、「特有の臭い」や「暗い」と言うイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、今どきの老人ホームは、清潔で明るく、入所している方が一様に満足できるホームが増えています。

これは、親を預ける身として、運営会社とホームで働くスタッフさんの努力のおかげと感謝しております。

老人ホーム選びで大切なこと

ほぼ満足できるホームが増えている中、それでも、ホームに不満があったり、恵まれた待遇を受けられない高齢者もいます。

ホームを選ぶときに、どのあたりに注意をすれば、良いホームに巡り合えるのか?

入所している方とそれに携わる方たちの本音を聞いてみたいと思います。

ホーム選びは「運営会社」も見るべき

ホームを選ぶときは、月額利用料や外観・個室の雰囲気、サービスの内容で決めがちですが、実は、運営会社も重要です。

運営会社が片手間でやっているような場合、運営のノウハウが少なく、利益を追求しがちです。

どこの施設も長く安定して運営するには、利益追求は当たり前ですが、やはり、施設の運営を専門で行っている会社の方が安心です。

ただ、学研やベネッセのように、大企業になると、介護部門が独立しているので、本業の片手間と言うわけではありません。

また、運営会社の資本力もチェックの1つです。

資本力が無くなると、当然コスト削減に入り、スタッフが減るなど影響が出てきます。

経営母体が倒産などで崩れてしまうと、退去せざるを得なくなり、一時預かり金などが戻ってこなくなる可能性があります。

このような意味でも、高額な一時入居金が必要なホームの場合は、経営母体がしっかりしているホームを選ぶべきだと思います。

資本力の無い小さな企業が、お金儲けのために運営している施設は避けた方が無難ですね。

ホーム選びは「スペース」も見るべき

居室やベッドなど生活するスペースもチェック項目の1つです。

老人ホームの居住スペース

狭い空間に1人でも多くの高齢者を入れようとすると、どうしても、1人に割り当てられたスペースが狭くなります。

老人ホームは、病院とは違います。入院生活ではなく普通の生活を送るわけですから、ストレスなく過ごすにはある程度のスペースが必要です。

ものすごく狭く感じた場合は保留にし、他の施設も見学すると良いですね。

このように、ホームを選ぶときは、月額利用料、サービス、施設やスタッフの雰囲気の他に、運営会社と居住スペースもチェックすると良いと思います。

矢印老人ホーム探しは【HOME'S(ホームズ)介護】で

スバット記事下バナー


希望する老人ホームを提示してほしい・老人ホームの具体的な相談に乗ってほしい そんな方へ

  • 希望する地域にどんな老人ホームがあるのかさっぱり分からない・・

  • 自分で探すのは面倒だ

  • 色々な疑問や不安を解決してから入居を決めたい

  • 病気があるけど受け入れてくれるの?
そんな方は、【シニアのあんしん相談室】で解決できます!

手っ取り早く電話で無料相談

0120-523-982
平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

電話はちょっと・・電話する時間がない・・そんな方は、ネットで老人ホームの資料を一括請求(24時間受付)できます

自分の希望地域と予算と入居予定(すぐに・1か月後・3か月後・半年後・1年後など)を入れるだけ。
こちらは、24時間いつでも受付しています

ご希望のホームのパンフレットが郵送で届きます。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら
※メールで無料相談も受けられます



 - 施設・ホームの選び方 , , ,