10万円以下・15万円以下の老人ホーム

介護施設 安い

自分の寿命や親の寿命が分かれば、老後の設計がしやすいと思うのですが、こればかりは誰も知ることはできません。何歳まで生きるか分からない状況で、老後のお金の心配は尽きませんね。

最近では、亡くなるまでの間に貯金が尽きてしまった「老後破産」が問題になっています。

当サイトは、老後破産をしないために安心で快適な10万円以下・15万円以下で入れる老人ホームを中心にご紹介しています。

老人施設を探す【お金持ちでなくても入れる快適なホーム】をテーマに、老人ホームの選び方について解説しています。

10万円以下でも満足のいくホームでお金の心配をすることなく老後を過ごしませんか。

お急ぎの方!時間がない方ははこちら。
矢印即入居 空き室ありの老人ホーム・介護施設

 

国民年金・厚生年金、老人ホームはそれぞれの方が支給される「年金」で入居できたら理想ですね。

国民年金は、月額約6万円。

特別養護老人ホームに入居することができれば、国民年金で収めることも可能ですが、大勢の人が待っている状態では、いつになったら自分の番が回ってくるか分かりません。

急に入居することになった方やなるべく経費を抑えて入居したい方は、月額10万円以下の老人ホームを検討してみてください。

ここでは、予算に合った全国の老人ホームをご紹介しています。

10万円以下老人ホーム
東日本

西日本

15万円以下老人ホーム
東日本

西日本

医療行為可能な老人ホーム

老人ホームの受け入れ態勢は確認しておきたい事項の1つです。

医療行為老人施設

老人ホームや老人施設は、「認知症・終身介護・胃ろう・床ずれ・インスリン注射・人工肛門(ストーマ)・人工透析・たん吸引・ALS(筋萎縮性側索硬化症)」などで、それぞれの受け入れ体勢が異なります。

認知症になったり医療行為が必要になると退出を余儀なくされるケースがあります。対応していないホームに入所している場合、ホームのお引っ越しをしなくてはなりません。

また、看取り(ターミナルケア)のないホームであれば、最期の時を病院で迎えることになります。住み慣れたホームで最期の時を迎えたい場合、看取り(ターミナルケア)付きのホームが向いています。

既に認知症を発症してたり、インスリンや透析などの治療を受けている方も入所できる老人ホームや施設は全国にあります。

たん吸引などは、24時間体制の対応が必要になりますので、ご自宅での介護が難しいご家庭も多くあります。

ここでは、それぞれの医療行為に対応した全国(北海道から沖縄まで)の老人ホームや施設をご紹介しています。

ペットと入れる老人ホーム
犬や猫などのペットと一緒に入れる老人ホームはまだまだ少ないのが現状ですが、探すと結構あるものですね。

ホームによってはペットの大きさなどの制限がありますので、詳しい資料を取り寄せてみてください。

地域や予算・受けたいサービス別に全国の老人ホームを探がせるサイト

探しっくす

「探しっくす」は、大学病院などの近くにある大手の調剤薬局「日本調剤」が運営する「高齢者住宅検索サイト」です。

日本調剤は調剤業務を通じて全国の高齢者向け施設との接点も多いため、高齢者への情報提供に定評があります。

さまざまな角度から施設の詳細が分かり、資料請求も簡単です。

矢印「探しっくす」で探してみる

シニアの安心相談室

シニアの介護相談室自分であちこちのホームや施設を検索するのが面倒な方。

自分で老人ホームを検索しなくても大丈夫!地域と予算を入れるだけで、ぴったり合った理想の老人ホームが分かります。

利用実績は累計5万人を突破しました。

入力は、たったの3分!自分の希望するホームの資料をまとめて一括請求!

矢印シニアの安心相談室で探してみる

みんなの介護

「みんなの介護」は、有料老人ホームや高齢者向け住宅、特別養護老人ホームなど、全国35,000件以上の高齢者向け施設を紹介している「介護施設検索ポータルサイト」です。

実際に紹介できる物件が、業界2番手の2倍近くあり、全ての施設がほぼ毎日空室状況を更新しているため、他社サイトよりも使い勝手がよいと評判です。

矢印「みんなの介護」で探してみる

HOME'S介護(ホームズ介護)

「HOME'S介護」は、不動産で有名なHOME'Sが運営する「介護施設検索情報サイト」です。

老人ホームや有料老人ホーム、特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設などを検索できます。

高齢者向け住宅は、全国32,000件以上。高齢者向け施設・住宅の詳しい情報を提供しています。

矢印「ホームズ介護」で探してみる

ベネッセ介護相談室

ベネッセ介護

ベネッセは、子どもチャレンジ、進研ゼミ、保育所などで有名な大企業です。

ベネッセの介護相談室は、全国3,000以上の介護施設から運営や介護に精通した専門家がニーズに合わせてスピーディに紹介します。

対応して欲しいこと、家族の事情、予算、地域などお客様の細かいご要望に随時対応しています。

矢印「ベネッセ介護相談室」で探してみる
ベネッセ

年金で入れる老人ホームを探して老後破産を防ごう

最近、老後破産という言葉がクローズアップされています。亡くなるまでに今までためた預貯金が底をついてしまうことです。

底をついてしまった老人たちは、入れる特別養護老人ホームを転々としたり、強制的に自宅で介護をせざるを得ない状況に追いやられたりと必ずしも思い描いた老後を送れていません。

また、退職金や貯金を使い理想の老人ホームに入居したものの、月々にかかる経費で貯金がどんどん目減りし、亡くなる前に貯金が底をついてしまうとせっかく入った老人ホームを退去せざるを得なくなります。

自分は「80歳くらいで亡くなる予定」でいても、寿命だけは誰にも分りません。80歳まで生きると仮定して立てた予算は、90歳まで生きてしまった場合狂ってしまいます。

「長生きなんか、するんじゃなかった・・・」、そう思わないためには、老人ホームを選ぶときに、外観や設備やサービスも大事ですが、自分の年金と貯金でまかなえるか?と言うことが大切です。

こんなはずではなかった・・病気になると退去

始めて入所した老人施設が親や自分にピッタリあって「何の問題もない」に越したことがありません。

その後、体調や状況が変わっても、気に入った同じ場所で最期を迎えることができたら、とても幸せなことだと思います。

ところが、始めて選んだホームや施設が、体調や状況の変化で変わらざるを得なくなる場合があります。

入所時の細かい規定を良く理解してから入所を決めないと、このような状況になるケースがあります。

例えば、介護保険制度上、病気になって3ヶ月以上の入院となればホームを出ていかなければならないケースがあります。

戻ってこれない施設(特別養護老人ホームなど)もあります。再入所をしたい場合は、新たに申し込み、順番待ちのお尻に付くことになります。

入院

入院してから6日間は施設に籍がありますが、7日経つと籍がなくなり、荷物をまとめます。7日以上経つと、他の人が入所できるようになります。(※入院が3ヶ月以内であれば再入所は可能です)。

このように、病気ひとつとっても、戻ってこれるケースと戻ってこれないケースがあり、その他、介護度が変更になったり、認知症になったりすると、老人ホームや老人施設を出なければいけないケースもあります。

入所前に自分や親が入る施設の特徴をよく理解していないと、「こんなはずではなかった・・」と言うことになります。

老人施設の種類と特徴の詳細はこちら

特別養護老人ホームであれば、入所一時金がかからず月々の支払も高額ではありませんが、民間の施設の場合、入所一時金が0円~1億円と幅広く、入所一時金を数年で償却する施設がほとんどです。(※償却期間は平均3~5年程度)

数年経って施設を変わりたいと思ったとき、財産のほとんどを入所一時金に使ってしまった場合、次の施設に変更できないという例もあります。

払った入居一時金は、何年で償却するか、また、5年で償却する場合、1年ごとに戻ってくるお金の額を把握しておくことも大切です。

始めて選んだ老人ホームや介護施設を「終の棲家」として、財産を全額注ぎ込んでしまうことは避けたほうがよいでしょう。

また、施設の月額料金以外にも月々のお金がかかります。

月額費用には、食事が含まれるのか?含まれないのか?また、元気なうちは自炊したいけど、動けなくなったら食事もお願いしたいと言うケースもあります。

ホームで暮らすための費用介護保険のことも良く理解しておくと安心ですね。

親をあずけたくなる快適な老人施設を探したい

老後は、何の心配もない穏やかな人生がまっていると思ってたのに、歳を重ねるごとに、「人生って難しい」と感じてきますよね。

家のこと、親のこと、自分のこと、お金のこと、家族のことなど、考えなくてはならないことが、次から次へとでてきてきます。

一番心配なことは、親や自分の体が思うように動かなくなった時のこと。そんなとき、今からしっかり準備をしておくことが大切ですね。

介護

政府は、膨らみ続ける介護費用を抑えるため、介護レベル3程度になるまでは、居宅介護サービス(訪問看護やヘルパーさん等のサービス)を受けながらの生活を推奨しています。

居宅には、自宅という意味のほか、サービス付き高齢者向け住宅やケアハウスなどの施設での生活も含まれています。その受け皿として、新しいスタイルの施設や生きがいを提供するサービスなどが、どんどん誕生しています。

※サービス付高齢者住宅に住みながら、訪問看護などでリハビリをしたり、ヘルパーさんを派遣してもらって生活している人もいます。

快適な老後生活を送るためには、自分のライフスタイルや感性、人間性を尊重してくれる施設であることが大切です。

老後の生活は、人生を総括するために大切な時間です。もし、今ご利用の施設やサービスに不満があるようでしたらもう一度、老後施設を考えなおしてみてはいかがでしょう。

そのときには、親や自分が入る施設の規定をしっかり理解して、「こんなはずではなかった・・・」と後悔しないよう慎重に選びたいですね。

スバット資料請求

自分の希望する老人ホームを提示してほしい!

自分から老人ホームを検索しなくても大丈夫!地域と予算を入れるだけで、ぴったり合った理想の老人ホームが分かります。 入力は、たったの3分!資料まとめて一括請求!
利用実績は累計5万人を突破しました。

1.無料資料一括請求ボタンをクリック
資料請求シニアの安心相談

2.予算と地域と資料お届け先を入れるだけ!
老人ホーム資料一括請求
・出来るだけ早く
・3か月以内
・6か月以内
・1年以内
・1年以上・未定
から選べます。

資料請求前に無料相談もOK! お気軽にお問い合わせください。
矢印簡単資料請求 詳細はこちら

公開日:
最終更新日:2016/09/15